頂点に君臨する張禧嬪(チャン・ヒビン)/悪女の系譜3

貧しい家庭に生まれた張禧嬪(チャン・ヒビン)は、女官として王宮で働けるようになった。美しい容姿を持つ彼女を一目見た19代王の粛宗(スクチョン)は、やがて彼女を自分の側室にした。そこから、張禧嬪は一気に頂上まで駆け登っていった。





王妃となった張禧嬪

当時、粛宗には正妻の他に側室も多かったが、いつになっても息子が生まれなかった。後継ぎに恵まれない粛宗はあせっていたのだが、1688年に張禧嬪が粛宗の息子を出産した。
粛宗にとって、初めての息子を得た喜びはひとしおであり、彼は張禧嬪との間に生まれた息子を後継者に指名した。
王の寵愛を一身に集めた張禧嬪は、粛宗の気持を巧みに誘導し、1689年には正室だった仁顕(インヒョン)王后を庶民に格下げすることに成功したこうして張禧嬪は粛宗の正室となった。つまり、王妃に昇格したのだ。
張禧嬪は、日に日に増長していく。彼女は自分の一族を高官に迎えてやりたい放題だった。




しかし、張禧嬪の時代は長く続かなかった。粛宗は新たに側室になった淑嬪(スクピン)・崔氏(チェシ)に愛情を注ぐようになったのだ。
(ページ2に続く)

性悪な貴人(キイン)・趙氏(チョシ)/悪女の系譜1

恐るべき金介屎(キム・ゲシ)/悪女の系譜2

毒殺疑惑を起こした貞純(チョンスン)王后/悪女の系譜4

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る