『ヘチ』でチョン・イルが扮した英祖は「世子餓死事件」の張本人!

悲劇の米びつ

英祖は王命を発した。
「たったいま、世子を廃した」
それは、思悼世子を国王の後継者にしないという宣言だった。
思悼世子は慟哭(どうこく)した。
英祖は何度も思悼世子に自害を促した。しかし、その覚悟がないと知ると、米びつをもってこさせた。
「命だけは助けてください」
思悼世子は何度も哀願したが、英祖は無視して、息子を米びつに閉じ込めさせた。
その上で、英祖は鬼の形相で米びつをにらんだ。
「絶対に米びつを開けてはならない」
そう厳しく命令して英祖は立ち去った。
彼の決意は変わらなかった。




翌日に英祖は具体的な処罰を行なった。思悼世子と一緒につるんでいた宦官(かんがん/去勢された官僚)や尼僧が処刑された。他にも、思悼世子と遊興した5人の妓生(キセン/宴席で歌や踊りを披露する女性)が殺された。
思悼世子を米びつに閉じ込めてから6日目、英祖は思悼世子を補佐していた側近のほとんどを罷免した。
このとき、思悼世子の生死はどのようになっていたのか。
食料も水も与えられず狭い空間に閉じ込められたままだった。
8日目に米びつを開けてみたら、すでに思悼世子は絶命していた。
世子なのに、いつ亡くなったのかもわからなかった。
実際に息子を失ってから、英祖は急に後悔し始めた。
しかし、後の祭だった。
英祖がそこまで後悔するなら、早く米びつを開けてあげれば良かったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

英祖(ヨンジョ)を演じた俳優の中で一番は『ヘチ』のチョン・イル!

『ヘチ』主演のチョン・イルはイ・ミンホと人生をともに歩んできた!

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)を険悪にさせた老論派の陰謀とは?

チョン・イルが『ヘチ』で演じた英祖(ヨンジョ)は即位後どんな王だった?

『ヘチ』でチョン・イルが演じた英祖(ヨンジョ)の晩年の正体!




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る